神奈川 平塚にある夜間診療もやっている歯医者/さくら歯科クリニック

平塚 さくら歯科クリニック/夜間診療 歯医者
平塚 さくら歯科クリニック/夜間診療 歯医者 連絡先
HOME | アクセスマップ | クレジットカードご利用案内  
平塚 さくら歯科クリニック/夜間診療 歯医者 平塚 さくら歯科クリニック/夜間診療 歯医者 ホワイトニング 平塚 さくら歯科クリニック/夜間診療 歯医者 インプラント 平塚 さくら歯科クリニック/夜間診療 歯医者 歯周病・口臭 平塚 さくら歯科クリニック/夜間診療 歯医者 訪問診療 平塚 さくら歯科クリニック/夜間診療 歯医者 矯正治療 平塚 さくら歯科クリニック/夜間診療 歯医者 予防歯科 平塚 さくら歯科クリニック/夜間診療 歯医者
平塚 さくら歯科クリニック/夜間診療 歯医者
平塚 さくら歯科クリニック/夜間診療 歯医者
平塚 さくら歯科クリニック/夜間診療 歯医者 診療案内
ホワイトニング
インプラント
歯周病・口臭
訪問診療
矯正治療
予防歯科
平塚 さくら歯科クリニック
 
平塚 さくら歯科クリニック/夜間診療 歯医者 求人案内
平塚 さくら歯科クリニック/夜間診療 歯医者 アクセスマップ
平塚 さくら歯科クリニック/夜間診療 歯医者 院内感染予防のために
平塚 さくら歯科クリニック/夜間診療 歯医者 ブログ
平塚 さくら歯科クリニック/夜間診療 歯医者
平塚 さくら歯科クリニック/夜間診療 歯医者 TOP 診療内容 > 矯正治療> 矯正治療装置について
 

どういう矯正装置がありますか?

ほとんどの場合は固定式の装置が使用されます。
透明で目立たない装置や裏側につける表から見えない装置の使用により、見た目を気にすることなく
治療を進めることも可能です。

クリアブラケット
 
 

クリアブラケット

従来のメタルブラケットに変わり、現在の矯正治療の主流となっているのがこの装置です。
種類も豊富で、透明なもの、白いもの、歯の色に似せたものや、材質もセラミック製やプラスチック製、ガラス成分を含んだものなどさまざまです。

 
 
どういう特徴があるの?
 

良い点

  • メタルブラケットに比べて目立ちにくい
  • 金属アレルギーに対応できる

悪い点

  • メタルブラケットに比べてやや厚みがある
 
▲ページトップへ
リンガルブラケット(舌側矯正)
 
 

リンガルブラケット(舌側矯正)

歯の裏側から装置をつけて矯正治療を行います。
そのため矯正治療をしている事にほとんど気づかれることなく、治療を進めることができます。一方で、矯正治療の中でも高度な技術が必要とされる治療の一つです。当院では、最も精密でオーダーメイドの治療が可能なインコグニートシステムを採用しています。

 
 
どういう特徴があるの?
 

良い点

  • 矯正治療をしている事をほとんど気づかれない
  • 表側の矯正に比べて虫歯になりにくい

悪い点

  • 高価である
  • 装着直後は、発音や食事がしにくい
 
▲ページトップへ
インビザライン
 
 

インビザラインは、従来の矯正治療でイメージされるようなブラケットやワイヤーなどの矯正装置を使わない新しい矯正治療です。
自分で取り外しの出来る、薄くて透明なマウスピースのような装置「アライナー」を装着し、歯の動きに合わせて2週間毎に装置を新製することで歯を移動させます。
基本的に食事や歯磨きの時以外(睡眠中も含め)常に装着します。
症例によっては仕上げの段階で一時的にワイヤーを装着する場合もあります。
矯正の先進国アメリカやカナダで多くの実績を持つ、新しい矯正治療です。

インビザラインインビザライン

 
 
どういう特徴があるの?
 

良い点

  • 違和感や話し難さが少ない
    従来の装置に比べ薄いので、装着時の不快感や発音のし難さがありません。
  • 衛生的
    歯磨きの時は外して、普段のように歯磨き出来ます。従来の装置のように、ワイヤーと歯の間に物が挟まることもありません。したがってむし歯になるリスクも少ないです。
  • 食事の時の不快感がない
    食事の時は外して、普段通り食事することが出来ます。

悪い点

  • 全ての症例に使える訳ではない
    抜歯が必要なケース、歯のガタガタが大きい場合には適していません。
  • 通院回数が多い
    従来1ヶ月に1度のところ、2週間に1度の来院が必要になります。
 
▲ページトップへ
 
メタルブラケット
 
 

メタルブラケット

メタルブラケットは歴史が古く、最も基本的な装置です。透明な装置が開発されるまで長い間この装置が広く使われていたため、矯正治療というとこのギラギラした装置を連想する方が多いのではないでしょうか。最近では、この見た目の問題から使用される事が少なくなってきています。

 
 
どういう特徴があるの?
 

良い点

  • 薄くて丈夫である。
  • 比較的安い

悪い点

  • 見た目が悪い
 
▲ページトップへ
 
デーモンシステム
 
 

デーモンシステムは従来の矯正治療とは異なるタイプのブラケット(矯正装置)を使用した、
新しい矯正治療です。

従来の矯正装置  = リングなどの結紮線によってワイヤーとブラケットを個別に固定
デーモンシステム = シャッター式のブラケット(デーモン・セルフライゲーティングシステム)で
ワイヤーを固定せず、挟み込む構造

特殊な装置を使用することで歯に無理な力をかけず、しかもスピーディーに行える
新しい矯正治療です。

普通の矯正装置 デーモンシステム装置 デーモンシステムブラケット
 
 
どういう特徴があるの?
 

良い点

  • 治療期間が短い
    独自のデーモン・セルフライゲーティングシステムにより装置間の摩擦が少ないため、 歯の移動スピードが速く、治療期間が短縮できます。
  • 通院回数が少ない
    従来の場合、1ヶ月に1度の通院が必要でしたが、デーモンシステムの場合は1ヶ月 半〜2ヶ月に1度の通院で治療が出来ます。
  • 痛みが少ない
    装置間の摩擦が少ないために矯正力を弱くすることができ、そのため痛みも少なく済 みます。
  • 歯を抜かずに治療できる可能性が上がる
    従来の矯正治療に比べ、非抜歯で治療出来る可能性が高いです。

悪い点

  • 装置が金属製のために目立つ
  • 装置に厚みがある

初期に比べると改善はされましたが、特殊で複雑な構造の装置を使うため、以上のような 欠点があります。

 
▲ページトップへ
 

インプラント矯正

 

矯正用に作られたインプラントを治療期間の一時期に顎骨に入れることにより、それを固定源にし、今まで難しかった歯の移動や、患者様の協力(ヘッドギアー・ゴム)をほとんど必要とせず治療を行える新しい矯正治療です。

インプラント埋入について

インプラント矯正

表面麻酔
⇒ 局所麻酔(歯を抜く場合の半分程度の量)
⇒ インプラント埋入
⇒ 消毒

時間は1本あたり15〜20分です。


術後の痛み

麻酔が切れる頃(麻酔後1時間〜1時間30分後)にわずかな痛みを感じることがありますが、麻酔が切れる30分前にあらかじめ鎮痛剤を飲んで頂きますと、ほとんど痛みを感じないで終わることが出来ます。

術後の腫れ

ほとんどの場合、心配はありません。

埋入後の注意事項

日常生活は特に何も心配することなく過ごして頂けます。
あえて言うならば、インプラントが安定する2週間の間、歯ぶらしでインプラントを清掃は
せず、安静にして頂きます。
その期間はこちらからお渡しする洗口薬で、食後インプラント周囲が汚れないようにお口を
ゆすぐようにして頂きます。

インプラントを入れている期間

矯正治療中ずっと入れている訳ではありません。
インプラントを必要とする期間(平均6〜12ヶ月)のみに使用します。

インプラントを外す時

痛みもほとんどありません。
外した後は1週間程度で完全に元の状態に戻ります。
傷などは残るようなことはありません。

インプラント矯正の費用

1本 32,400円(税込)です。
この費用には痛み止めや洗口薬などのお薬代と、
外す時の処置料などインプラントに関わる全ての料金が含まれます。
(インプラントを使用することにより、ヘッドギアー・ゴムなどを使用する必要がなくなり、
治療期間がかなり短縮されます。
これによりヘッドギアー・ゴムの料金、治療期間が短縮する分の調整料が不要になり、
トータルとしてはその他の治療を選択するのとほとんど変わらない料金となります)

インプラント矯正の留意点

インプラントの脱落

10%程度の確率で、インプラントが自然に脱落するようなことがあります。この時は痛みなどを感じることはなく、インプラントが少しゆるくなってきたような感じを受けます。
脱落した場合は 1 週間程度期間を空け、再度インプラントを埋入します。
その場合、特に料金は頂きません。

インプラント周囲の炎症

インプラント周囲が不衛生になると、周囲の歯肉が炎症を起こすことがありますが、清潔にする事で防げます。

インプラント矯正のメリット

  • 治療期間が短くなる場合が多い
  • ヘッドギアーやゴムなど、患者様自身にご協力いただく取り外し式の装置がほとんど必要なくなる(大きなメリット)
  • 矯正治療の幅が大きく広がる

インプラント矯正のデメリット

  • インプラントを埋入するための来院回数が増える( 2 回程度)
  • インプラントを入れるための簡単な手術が必要となる
  • 脱落した場合(10%程度の確率)再度埋入する必要がある
 
▲ページトップへ
 

保定装置(リテーナー)

 

保定装置(リテーナー)とは

 

保定措置とは矯正治療後の後戻りを防止する装置です。
ワイヤータイプのものや透明なマウスピースタイプ、取り外し可能なものなどがあります。
症状や患者さまのライフスタイルに合わせて相談して決めていきます。
使用期間は一般的に約2年くらいが目安となります。

保定装置(リテーナー)

 
 
▲ページトップへ
 
 
ご予約はお電話で承ります。電話番号0463-20-5155
 
▲ページトップへ
 
平塚 さくら歯科クリニック/夜間診療 歯医者
HOME | クレジットカードご利用案内 | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ
COPYRIGHT(C) 2007 SAKURA CLINIC. ALL RIGHTS RESERVED. PRODUCED BY T.D.B
w